芸能人の気になる疑問を追跡&考察|エンタスタイル

大物芸能人の整形・有名一般人の熱愛など、気になる疑問を検証・考察しています。夜も眠れないあなたに。

杉本彩の整形顔が固まる?手が全く劣化してなくてキレイ




杉本彩の整形顔が固まる?手が全く劣化してなくてキレイ

杉本彩さんの固まる顔の写真が話題になっています。

整形をした?と囁かれる一方杉本彩の顔劣化してるよね…という声も。

さらに手が綺麗すぎる!と手にも注目が集まっています。

杉本彩さんは顔から手まで整形をし、

すでに劣化してしまったのでしょうか?

顔が固まる後遺症が出るほど整形してしまったのでしょうか?

固まる顔の写真や手が写る写真を見ながら整形や劣化の程度をチェックしていきましょう。

 



【スポンサードリンク】

肌のハリと劣化した目元がアンバランス!

まずは昔の杉本彩さんの画像がこちら。

可愛らしさもありつつ妖艶なセクシーさも併せ持っていたようです。

杉本彩昔の画像

しかし…時代を感じる写真ですね!

それもそのはず杉本彩さんは御年50歳なのです!

劣化したと言われてしまうのは目元のくぼみのせい。

杉本彩の目もとがくぼんで劣化

くぼみはまぶたの筋力が落ちることで起こります。

元々彫りが深い顔ですから加齢で目がくぼんでしまうのはよくあることです。

50歳であれば十分お綺麗だと思いますが世間の声は残酷です…。

整形によって固まる顔というのはこちらの画像。

杉本彩顔の張り整形後の画像

確かに笑顔が引きつっているようにも見えます。

固まっている顔は整形でヒアルロン酸やボトックス注射のし過ぎでしょうか。

昔からセクシーを売りにしてきた杉本彩さんですから、

美意識が高くヒアルロン酸注射くらいの整形をするのは当然かもしれません。

頬のハリを維持しているのに目のくぼみに対処していないのはちょっと不思議ですが

もしかしたら今後目の整形も考えているかも?

杉本彩の手が異様にキレイ!

さて顔の他に注目を集めているのは杉本彩さんの手。

50歳なのに手がめっちゃキレイなんですよ!

もう手タレできるレベルでね。これこれ

杉本彩手画像

某番組で手料理を披露した時のものです。

いやいやアラフィフの手ではないですよね?!

20代と言っても過言ではないと思います。

いくらハンドクリームなどスキンケアをしていたとしても限界があります。

料理が好きなのであればなおさら乾燥しやすい状況になるはず。

やっぱり手も何かしら整形を施してるのでしょうか。

手のシワにもヒアルロン酸は有効ですが、

自分の細胞や血液の成分を使う肌細胞再生療法をしているのかもしれません。

【スポンサードリンク】

離婚原因・親との確執…波乱万丈な人生は今

さて杉本彩さんですが最近なかなかメディアに姿が見えないですよね。

一体どうしているのでしょうか。

顔が劣化したと言われてしまうのが嫌でメディアを避けているかな?

複数の猫や犬と暮らす杉本彩さんは動物愛護活動家として精力的に活動していました。

杉本彩と猫の画像

猫ちゃんたち美味しい餌もらってるんだろうなぁ~(笑)

現在の旦那さんは個人事務所オフィス彩の副社長でもあります。

杉本彩夫との画像

公私ともに支えてくれている旦那さんがいて今は幸せそうですが二人目の旦那さんになります。

一人目の旦那さんとの離婚原因の一つはセックスレス。

夜の生活が合わなかったと…イメージを崩さないところがさすがです!

そして実の両親に関しては父親が連帯保証人で借金の肩代わりで借金をかぶってしまい、

そんな父親に愛想を尽かせた母親は新しい恋人と出て行ってしまいました。

そんな大変悲惨な状況に耐えかねたのか杉本彩さん自身は手首を切って自殺未遂。

結局両親は離婚をしたのですが、

母親の精神不安定は続き一人目の旦那さんとの離婚理由にも関係したそう…

まるでドラマのような話ですよね。

精神的な疲労は肌にも大きく影響するもの。

たまにテレビでえ?本当にまだ30代?!と思うほど老け込んだ人を見かけませんか?

杉本彩さんもたくさんの精神的なストレスから肌荒れしてしまい、

整形という方法をとったのかもしれませんね。

そんな壮絶な過去を持つ杉本彩さんにはぜひ幸せになってもらいたいものです。

杉本彩幸せそうな画像

メディアの露出は減ってしまいましたが、

今の美貌がいつまで続くのかは見もの!

目のくぼみが変化するのかも気になるところ。

まさに日本を代表する美魔女になって欲しいですね!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



こちらの芸能人記事もどうぞ

Return Top