芸能人の気になる疑問を追跡&考察|エンタスタイル

大物芸能人の整形・有名一般人の熱愛など、気になる疑問を検証・考察しています。夜も眠れないあなたに。

安室奈美恵の整形劣化が修正きかず・シワに加えてハゲてきた




安室奈美恵の整形劣化が修正きかず・シワに加えてハゲてきた

安室奈美恵ちゃんが引退するのって、整形劣化が修正きかなくなってきたからみたい。

シワも増えてきたし、加えてハゲてもきてるとか。。。

安室ちゃんも散り際が潔いと言われつつ実はすでに整形崩れと劣化でボロボロだったりして。

引退までにキレイな姿を見られるのか、安室奈美恵ちゃんの整形と劣化について追ってみました。

 



【スポンサードリンク】

安室ちゃんはどこを整形したの?ガングロアムラー時代は歯並びのみ!

安室奈美恵ちゃんの第一期、デビューから結婚前まで第一線を張っていた頃の

記憶が強いのではないでしょうか。

細眉にガングロ、流行りましたよね(笑)

SAMと結婚する頃には歯並びがキレイに。

安室奈美恵とSAMの結婚報道画像

これは歯列矯正ではどうにもならず、差し歯らしいです。

この時まだ20歳ですからね安室ちゃん。。。

第一期安室時代には、歯並びのみで他はどこも整形していないようです。

目が離れているお顔も、ガングロも健在です。

一度休養に入ってから復帰するのに、修正に次ぐ修正をかけていく安室ちゃん

ここからだんだんドール化が進んでいくのでありました。。。

整形&修正でCG化?実在すら怪しくなっていく安室ちゃん

お母さんの平良恵美子さんが殺害されたり、SAMと離婚したりで

テレビから離れ、リアルで見られる機会がめっきり少なくなった安室奈美恵ちゃん

CMやミュージックビデオなどの修正可能な映像でしか、最近は見ることがなくなりましたね

安室奈美恵が整形と修正でCG化

キレイだしかわいいし安室ちゃんの面影はあるけれど

ここまで完成度高いと、実在するのかどうかさえ疑いますよね。。。

大丈夫、ちゃんと安室ちゃんはライブ活動もおこなっていますよ

安室奈美恵のライブ画像

いつもどおりの安室ちゃんが見られてよかった。

鼻のあたり、プロテーゼ整形なのかちょっとボコついてるのが気になりますけどね(!)

【スポンサードリンク】

最近シワとハゲが目立つように?老化が進む安室ちゃん

10代から化粧バリバリしていて、髪の毛も相当編み込んできた安室ちゃんも

最近老化が始まっているもよう。

安室奈美恵が劣化して、頬がコケてプロテーゼあらわ。さらに髪も傷む

相当隠してるけど、目尻のあたりと口元周りにシワが。

痩せたのとボトックス劣化の両方かもしれないですね、、

さらに髪の毛、相当傷んでますやん。ハサミ持っていってバッサリ切りたいレベル。

また最近ではおでこが後退しているという悲劇も。。。

安室奈美恵のおでこがハゲてきた画像

安室ちゃん、昔からドレッドヘアをよくしているので

髪の毛引っ張りすぎておでこがハゲてきたのかな。。。

いや、もともとこのぐらいのおでこの広さだったのかも?

しかしやっぱり老化を隠すことができないリアルなインタビューはきつくなってきて

修正のきかない場には出るのが辛いために、引退を考えたのかもしれません。

安室奈美恵のアムラー画像

若いうちからいや、子どもの頃から色々ありすぎて

もう普通の人の一生分を経験しているんじゃないかという安室奈美恵ちゃん

それでもアムラーのイメージは消えず、それを保つのに整形したり修正かけたりと必死で走ってきたけれど

そろそろ疲れたしもういいかな、、という感じなのかもしれませんね

もう十分頑張ってきたし、これからは自分のために時間を使ってほしいですね。

我々アムラー世代、時代と共に安室ちゃんと過ごしてきた部分もあり

これまでの人生と共に安室ちゃんの楽曲が頭の中に流れてくることでしょう。

きっと若い頃を思い出すたびによみがえりますね…

そんな安室ちゃんの引退前夜ファイナルステージ

Documentary of Namie Amuro “Finally」がHuluで視聴できます。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

安室ちゃんお疲れさまでした。我々の世代を象徴する安室ちゃん

これからは自分のために生きていってもらいたいですね。

この記事を書いた人

avatar
エンタスタイル運営部/事務局
懐かし芸能人とニッチな俳優、有名人と言い難い一般人の話題を掘り下げるのが好き。ちょっとの話題でも深堀して考察するマニア人。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



こちらの芸能人記事もどうぞ

Return Top